【セミナーレポート】SOSL TECH SEMINAR ~PM編~

2018年2月7日SOSL TECH SEMINARの第1弾としてSOSL TECH SEMINAR ~PM編~を開催いたしました。クロム株式会社 代表取締役CEO 石川 靖 氏 / 取締役CTO 福岡 秀一 氏よりプロジェクトマネジメントに関する講演をして頂きました。

ITプロジェクトにおける炎上案件のトラブルシューティング事例紹介

ITプロジェクトの立ち上げフェーズに多数携わってきたクロム株式会社により、
下記、3点の事例紹介を交えつつ、プロジェクト現場でのトラブルシューティング手法についてお話しいただきました。

  1. プロジェクトの納期がズレた
  2. 主力プロジェクトメンバーの離脱
  3. リリース間近で要件漏れが発生した

上記のいずれの場合においてもまず始めにやることは、プロジェクトメンバーに対する説明を十分にしなおすこと最も難しい課題を見極めること。
この2点に注力することでプロジェクトの全体像が見えてきます。そこからリスクを解消することで、次のアクションに繋げることが出来るようになります。

また、炎上しているプロジェクト特有の危ない兆候としては、「順調」「大丈夫」と言うワードが飛び交うことが多いですが、順調であることの報告を行うのでは無く、上手く行っていない部分を明らかにし、議論することが重要です。
進捗を計る上で重要とするポイントは、「できていること」と「できていないこと」であり、「〜の予定」や「するつもり」といった曖昧な尺度は危険です。

まとめ

炎上プロジェクトのトラブルシューティングにおいて大切なことは「説明を十分に果たすこと」「プロジェクトで起こることを自分事として捉えてアクションを起こすこと」であると本公演でまとめられました。

関連記事

ページ上部へ戻る
-->