【セミナーレポート】SOSL TECH SEMINAR ~AWS/Azure編~

2018年2月21日にSOSL TECH SEMINAR~AWS/Azure編~を開催いたしました。AWS(Amazon Web Services)とAzure(Microsoft Azure)それぞれのクラウドサービスの特徴などを比較しながらクラウドサービスの利用を検討中の方向けにクラウドの選び方のヒントを紹介しました。

Amazon AWSとMicrosoft Azureはどっちがいいの?

シーンごとに比較をご紹介させていただきました。クラウドを選定する際の代表的な悩みとして「DRサイトを国内の別リージョンで構成したい」「MySQL,PostgreSQL,Oracleをマネージドサービスで利用したい」「仮想マシンのバックアップを簡単に取得したい」「なるべく安くクラウド環境を利用したい」の課題が挙げられます。このような課題に合わせて「リージョン」「機能」「価格」の3点からそれぞれの比較を行いました。
その中でAWSのメリットが活かせるパターン・Azureのメリットが活かせるパターンをケース毎にピックアップしてご紹介いたしました。
その後、構成による価格の違い発生することから、1.シンプル構成 2.冗長化構成 3.冗長化・backup保持構成 の3つの構成のモデルケースでそれぞれのクラウドサービスでかかるコストの比較を行いました。
その他の選定の基準として同一業界での実績や、現在のシステムを前提としたベンダーの提案・自社内での構築/運用/管理との相性・マイクロソフトプロダクトの利用状況・既にに移行しているデータ量などを参考に選定している企業も多くある他、複数のサービスを組み合わせて導入を行っている企業も多くあります。
スモールスタートでサービスを簡単に利用できるということもクラウドサービスのメリットなので、検証してから自社のサービスやシステムに合うものを選定するケースも多くあります。

関連記事

ページ上部へ戻る
-->