【セミナーレポート】MySQL Trend Seminar 2018

2018年2月27日に新宿オープンソースラボにて株式会社スマートスタイル主催でMySQLの最新トレンドを発信する「MySQL Trend Seminar 2018」を開催いたしました!

東京・大阪・福岡の3都市で開催されていたMySQLトレンドセミナー2018が新宿オープンソースラボにて開催されました。東京開催では日本オラクル社より山崎様・林様、Yahoo!JAPAN社より井上様にご登壇いただきスマートスタイルではMySQLソリューション事業部の中野が登壇しました。

セッション1では日本オラクル山崎様による「ついにリリース候補版! MySQL 8.0の新機能 ~MySQL 8.0の新機能、Oracle MySQL Cloud Serviceのご紹介~」では2月16日時点でリリースされている最新版MySQL8.0RCの新機能をご紹介いただきました。Webアプリケーションの開発率向上を実現させる機能やデータ分析処理やアプリケーション/MySQLサーバの性能拡張性の向上に関するトピックスなど新しくバージョンアップした機能についてご紹介いただきました。加えて、今話題となっているOracle MySQL Cloud ServiceについてもTCOが削減できるなど様々なメリットについてお話しいただきました。

セッション2の「新しいHAのカタチ MySQL InnoDB Cluster のご紹介」ではMySQLのフルスタックな高可用性ソリューションMySQL InnoDB Clusterの基本的な構成や特徴、高可用性を実現できる仕組みなどを従来のマスタ・スレーブのレプリケーション構成と比較しながら、MySQL InnoDB Clusterが可能にする運用コストの削減や効率化についてお話させていただきました。

セッション3「MySQLからアプリケーション基盤まで、最適なクラウドへの移行 ~オンプレミスからクラウドへ、Oracle Cloudを選択する理由~」ではPasS基盤として提供されているサービスOracle Application Container Cloud Service についての説明を中心にオンプレミスからクラウド環境への移行事例などをご紹介いただきました。

セッション4「Yahoo! JAPANにおけるマルチライター型MySQLのシステム構成と運用ノウハウの紹介」では井上様よりYahoo!JAPANで実際に行っているMySQLの運用についてお話しいただきました。自社サービスのデータベースにMySQLとOracleDBを利用しているYahoo!JAPANではそれぞれのサービスの特性に合わせてデータベースを使い分けています。今回のセミナーでは利用している割合が最も高いMySQLにフォーカスしてシステムの構成やメリット、デメリットなどをご紹介いただきました。

以上の4セッションを行い、終了後の質問タイムでも多くのご質問やその後のお問合せを頂き非常に盛り上がったセミナーとなりました。

関連記事

ページ上部へ戻る
-->